鶴橋こころ整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

2019.07.24

こんにちは、こんばんは鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。梅雨ももうすぐあけそうですね。暑さが増してきています、汗をよりかきやすくなるので体の水分不足になりやすいのでこまめに水分補給をするようにしましょう。水分不足により脳梗塞になりやすくなるので対策をしていきましょう。

さて今回は脊柱管狭窄症のお話をしていきます。これも前回のヘルニアと同じくよく聞く疾患になりますが、実際なんのかを知らない人がたくさんいますので、簡単にお話をしていきます。
脊柱管狭窄症の説明の前に部位の説明をしていきます。脊柱管とは背骨のことをいい、脊柱管の中には脊髄という太い神経が通っています。この神経から脊柱管に出た神経を末梢神経といい、手や足にとつながります。脊柱管狭窄症とは脊柱管の一部が通常より狭くなり、神経もしくは神経と共に走る血管を圧迫されることにより生じる病気です。長く歩くと足がだるくなり歩けなくなるや足がしびれてるなどの症状が現れます。
ここからは少し難しく話します、好きな人は見てください。脊柱管狭窄症とは、硬膜嚢の周囲にある靭帯の肥厚や椎間板のしゅつ突出によって硬膜嚢が狭くなり神経圧迫がおきます。腰部が最も多く馬尾神経と血管が圧迫されることで起こります。

原因としては多くは加齢により起こります。脊椎の間の椎間板の水分がなくなり、関節の間グラグラになり不安定状態になることにより靭帯、骨に負担がかかり変形や靭帯が分厚くなってしまい脊柱管を狭くなっていきます。したがって脊柱管狭窄症は老化現象となるともいえます。そのほかには生まれつきに脊柱管が狭くなるこっている人もいます。
また脊柱管狭窄症の発症は、日常生活で腰への負担がかかりやすい姿勢や動作を繰り返すことで誘発されることがあります。また、交通事故や骨粗鬆症、喫煙や運動不足に関連した背骨の圧迫骨折後に脊柱管狭窄症を発症することがあります。

症状は神経圧迫される方によって症状はことなります。馬尾神経が圧迫される脊柱管狭窄症では間欠性跛行が代表的です。間欠性跛行とは一定距離を歩くと足にしびれ、だるさ、痛みを感じ歩けなくなる症状がでます。しばらく休むとまた歩くことが出来ます。休む時は腰をお辞儀するように腰をまるめると症状が早く低下するのが特徴です。その他には下肢にしびれを感じ、片方もしくは両方にしびれを感じます。

検査はレントゲンやMRIなどの画像診断をしていきます。整形外科的テストなどでも診察をすることが可能ですが確定診断にはなりません。

治療は、薬物療法が一般的で重度になると手術が適用になります。整骨院では筋緊張緩和、鍼などを使い治療を行います。
本日は以上になります。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒537-0024
大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25
診療時間
火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
月・木
アクセス
JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
鍼灸治療
腰の痛み
肩・首の痛み
全身もみほぐし
リンパマッサージ
超音波
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

鶴橋こころ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒537-0024
    大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25

  • 診療時間

    火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    月・木

  • アクセス

    JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

pagetop