鶴橋こころ整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 手根管症候群

手根管症候群

2020.07.06

人間の体には

血管や神経、筋肉や腱など

運動や感覚を司る器官が張り巡らされています。

その中で、

手首にある神経(正中神経)が障害されると

痛みや痺れが誘発されます。

_◆手根管症候群が起こる理由

正中神経が

手首を通過する際に通るのが

「手根管」と呼ばれる部分です。

「手根管」は

手首の骨や靱帯によって

トンネル状に構成されています。

このトンネル内を

複数の腱や正中神経が通ります。

この際に、靱帯により

正中神経が圧迫されたり、

手首の頻繁な動作

同じ作業の繰り返しによる、

手首内の腫れや炎症に伴って

手根管の内圧が上昇することでも

手根管症候群が引き起こされてしまいます。

_◆手根管症候群の主な症状

正中神経が感覚を司る

親指~薬指までの内側(親指側)の痺れ

ジンジンするような痛み

が症状として確認できます。

また、手根管の内部で

腱や膜にむくみが発生してしまい

明け方に痛みが発生しやすいのも

手根管症候群の特徴の一つです。

正中神経は

筋肉の動きも司っており、

手根管症候群が進行して悪化すると

親指を内側に倒して他の指に付ける動き(対立運動)

が難しくなります。

この動作は日常生活の中で言うと、

・シャツのボタンをかける

・はさみを使って紙を切る

・細かい物を掴む

など、私たちが普段

何気なく行っている動作ばかりですね。

ですので、

手根管症候群になってしまうと

日常生活において、窮屈というか

不便なのはお分かりいただけるかと思います。

■手根管症候群かどうか?自分で判断する方法
手首が痛くて、しびれもあり

原因がよく分からなくても

「手根管症候群かどうか?」

簡易的に判断する方法があります。

その方法というのが

「チネルサイン」と「ファーレンテスト」です。

_◆チネルサイン

手首の手の平を叩きます。

叩いた時に、痛みや痺れが指先に響くと

“チネルサイン陽性”と判断されて

手根管症候群の可能性が高いです

_◆ファーレンテスト

体の前で両手の甲を合わせて1分間その状態を保ちます。

その間にしびれを感じたり、痺れが強くなる場合は

手根管症候群の可能性が高いです。

■手根管症候群の治療方法
手根管症候群の多くの原因は

手首の使い過ぎ(運動過多)によるものです。

ですので、

基本的には安静を保つ事で

改善される傾向にあります。

早期回復を目指す場合は

手首周りの筋肉のマッサージ

手首を広げる動作を行い

炎症物質を取り除く事で改善されていきます。

しかし、中には

症状が極めて悪化してしまい

直接ステロイドを手根管に注射して

炎症を治めて治療する場合もあります。

手根管症候群がクセになってしまい

症状が頻発して再発する場合、

内視鏡などを用いた「外科的手術」を行う選択肢もあります。

■今回のまとめ
手根管症候群は

身近に、だれでもなってしまう

日常生活による症状の一つです。

早期発見により

適切な治療を行うことで

症状は悪化することなく、

改善する傾向にあります。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒537-0024
大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25
診療時間
火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
月・木
アクセス
JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
鍼灸治療
腰の痛み
肩・首の痛み
全身もみほぐし
リンパマッサージ
超音波
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

鶴橋こころ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒537-0024
    大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25

  • 診療時間

    火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    月・木

  • アクセス

    JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

pagetop