鶴橋こころ整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 気胸となる危険な鍼灸治療とは?

気胸となる危険な鍼灸治療とは?

2018.11.07

気胸となる危険な鍼灸治療とは?
はいまた、お会い致しました。鶴橋こころの河村です。今回は気胸となる危険な鍼灸治療をお話し致します。鍼を身体に入れるにあたり、安全性を考えても事故は起こります。刺しては駄目なツボ、置鍼の時に私達スタッフがしてはならない事、置鍼を受けている方がしては駄目な事、これにそむくと事故になる可能性があります。
その事故で良く言われるのが、肺の気胸です。肺気胸とは、肺に穴が開く事です。そして症状は、肺から空気が漏れて肺がへこみ、胸痛いや呼吸困難などを引き起こす事です。特に起こりやすい 場所は頸や肩、そして高齢者の背中です。知人の鍼灸師の話ですが、頸と肩のこりが激しく手技では改善出来ないので鍼治療をしたそうです。肩は肩井と頸の周りにやや強めの刺激で指したそうです。肩と頸のコリは改善されるどころか、その夜に胸の傷みを感じ、近くの病院に受診してレントゲンを撮ると気胸にと分かりました。
もう一度は別の整骨院で勤めている知合いの鍼灸師が話てくれたのですが、それは
少し寒い日の事でした。定期的に来られる。痩せたい高齢者の女性にいつもの通りに背中に置鍼をしてその場を離れて次の患者の施術をしている時でした。置鍼をしている患者が息苦しいとの声が
聞こえて来ました。慌てて、そちらに向かうと置鍼の上にタオルが掛けてありました。すぐにタオルをとり鍼を抜いて救急車
てを呼んで近くの病院に搬送すると、レントゲンを撮ると気胸でした。大事にはいたらなかつたようです。その鍼灸師の先生が言うは置鍼の上にはタオルを掛けず。赤外線を背中に向けて寒く無いようにあてていたのですが、その先生がいない時にその患者さんが寒いからタオルを掛けてほしと近くの学生に頼んだそうです。それで、タオルをを掛けた直後に息がしにくいと言われたそうです。これはタオルの重みで鍼がより深く入り、肺を刺した可能性があるでしょう。
この二件はーーーーー
医原性気胸-肺の検査やカテーテル治療、鍼治療に伴い発症

医原性気胸とは、何らかの医療行為に伴い起こる気胸です。
たとえば、気管支鏡検査(口からカメラを挿入して肺の組織を採取する検査)やCTガイド下肺生検(主に肺がんの診断目的で、CT 装置で確認しながら肺に生検針を刺して行う検査)の際に、肺を包んでいる胸膜を損傷してしまうことで気胸が起きることがあります。
また、ペースメーカーや高カロリー輸液を注入するための管(CV)を挿入する際には鎖骨の下にある太い静脈を穿刺して行うのですが、このときにも胸膜を損傷させてしまうことがあります。
ですから、医師は十分に注意をしてこれらの処置を行わなくてはいけませんし、処置を行ったあとは必ず胸部レントゲン撮影をして、気胸を発症していないかどうかを確認します。
また鍼治療の際に、背中から刺した鍼が肺に到達して気胸を発症することもあります。
緊張性気胸-肺や上大静脈が圧迫されてショック状態に陥ることも
緊張性気胸とは、肺から空気が絶えず漏れ続けることで、もう一方の正常な肺や上大静脈(全身から右心房に血液を集める静脈)が圧迫されたり偏ったりしている状態をいいます。
緊張性気胸になると、正常な肺も圧迫されてしまうので重度な呼吸困難に陥ります。また、上大静脈が圧迫されることで血管が押しつぶされて血液の流れがせき止められると、全身の血液が心臓に戻ってくることができなくなり、血圧が急低下してショック状態に陥ります。
緊張性気胸は生命の危機的状況となるため、早急に胸腔にドレーンを挿入して、空気を体外に排出することが重要です。
気胸の検査方法 胸部レントゲンで診断

気胸のレントゲン写真
気胸は胸部レントゲン写真で比較的容易に診断することができます。
レントゲンで肺の状態を確認すると、上の写真のように気胸が起きている肺は虚脱して、下方向へ下がっていることがわかります。
さらに詳しく胸の内部を確認したいときには胸部CT検査を行います。CT検査によって、レントゲンでは観察ができないような小さな嚢胞や、嚢胞の数や場所、胸膜癒着の有無、肺気腫等の基礎疾患などを明瞭に確認することができます。
また、打診では鼓音(こおん:太鼓を叩いたときのポンポンという音)を認め、聴診では呼吸音の左右差や減弱、消失を確認することができます。
以上の事から私達鍼灸師は気持ちを引き締めて施術にはげみたいと思います。

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒537-0024
大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25
診療時間
火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
月・木
アクセス
JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
鍼灸治療
腰の痛み
肩・首の痛み
全身もみほぐし
リンパマッサージ
超音波
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

鶴橋こころ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒537-0024
    大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25

  • 診療時間

    火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    月・木

  • アクセス

    JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

pagetop