鶴橋こころ整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

股関節炎

2019.07.01

みなさん、こんにちは、こんばんは鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。鬱陶しい天気が続いていますが、体調を壊さずに元気に気合入れて頑張りましょう。

さて今回は単純性股関節炎についてお話をしていきます。
単純性股関節炎は原因が不明で小児期に股関節に訴える代表的な疾患です。時としては大腿部、膝に歩行痛を訴えることもあります。

股関節炎には非感染性股関節炎と感染性股関節炎があり、単純性股関節炎は非感染性股関節炎になります。上にも書いたように原因は不明ですが、外傷やアレルギーが原因ではないかと言われています。炎症の部位は細かく言うと股関節の滑膜炎ではないかとされています。
感染性股関節炎の中でもっとも多いのが化膿性股関節炎です。生後1か月未満の新生児から乳児に多く見られますが、免疫機能の低下した低出生体重児や先天性疾患の子が発症しやすいとされています。また成人でも免疫低下する病気や薬剤わ服用中の人で発症することもあります。原因菌は黄色ブドウ球菌が最も多く股関節内が直接感染するのではなく、肺炎や中耳炎などから血流に菌がのり股関節で炎症を起こすことが多いです。人工股関節に感染が生じて発症することもあります。

症状は、股関節炎の主な症状は炎症による股関節痛です。しかし、幼い子は正確に痛みの部位を訴えることが出来ないことが多くなんとなく痛がる、膝あたりを痛がる、動かしたがらないなど、さまざまな症状があります。
股関節は歩行などによって体重の負担が大きい関節のため、関節に負担がかかると非常に強い痛みになるケースが多いです。また、痛みが股関節にとどまらず大腿部の前面や内側、膝関節にまで及ぶことがあります。股関節に痛みがなく膝の痛みで実は股関節の炎症というのも見られることがあります。股関節にも膝と同じように水が溜まる事があり可動域の制限がある時があります。単純性股関節炎では外転、外旋位をとるのが特徴的で患側が長く見えます。一方、化膿性股関節炎では、悪い方の股を開いた状態であり、おむつ交換時などに股関節を異なる方向に動かそうとすると激しく泣くのが特徴です。
検査、診断、レントゲン、MRI、超音波などの画像検査によって股関節内の状態を正しく把握することが大切です。当院では、問診と可動域、疼痛部位により判断をして、病院に行っていただくを判断します。
治療、単純性股関節炎の場合は基本的には2週から4週程度の安静で自然に完治をします。化膿性股関節炎では手術が適用となり膿を出すことが大切になります。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

肉離れ

2019.06.26

みなさん、こんにちは、こんばんは、鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。G20で大阪は非常にごった返してバタバタですね、運送会社の方は大変だと思いますが、無理をせずにがんばってください。

さて、今回は肉離れについてお話をしたいと思います。肉離れは整骨院では筋挫傷と言います。肉離れでは筋肉が断裂してしまうことで、特に急に走ったり、ジャンプをするなど筋肉が強く収縮をする時もしくは筋肉が収縮しているところを無理やり伸ばしたりすると筋肉の断裂が起きやすいと言われています。断裂がしやすい筋肉は決まっており大腿部(太もも)の場合は後ろにある半腱様筋、半膜様筋の断裂が多いです。

症状は、発生直後から痛みが強く歩行が困難となり、時にはブチっと音を聞こえることがあります。ハムストリングスの場合は膝を曲げた時に痛みが誘発されます。

診断は、発生機序、圧痛部位、圧痛部の陥凹、血腫がみられることがあります。

治療は、アイシングと断裂部位に圧迫固定、3-5日後に筋肉緊張の緩和、運動をゆっくりと行う。

一度断裂をしてたところは再発が多いため、リハビリと筋緊張緩和が大切である。

ついで先天性股関節脱臼の話もしていきます。

先天性股関節脱臼とは、生下時もしくは生下後に大腿骨と骨盤の位置関係が悪く、股関節が脱臼をしている状態を指します。先天性と言う名前がついているが、実際には後天的な要因でも脱臼が生じることもあるため、2017年から発育性股関節形成不全という名前が使われることが多くなっています。先天性股関節脱臼は放置していると股関節の成長が障害され、また適切な治療を行わなければ、股関節の変形を起こし長期の機能障害を起こすことが多い。乳児で健診などで早期に発見し、治療が必要です。

原因は、骨盤のくぼみを形成している寛骨臼または臼蓋と呼ばれる部分があります。また大腿部の上端には、大腿骨頭と呼ばれる、丸みを持つ部分があり、それが骨盤のくぼみである寛骨臼にはまり込むことで股関節は形成されます。しかし、乳児期は股関節が未発達で、寛骨臼のくぼみや股関節が適切に形成されていない場合があります。先天性股関節脱臼は大腿骨頭が寛骨臼から外れている状態、もしくは外れかかっていることを言います。

症状は、赤ちゃんらしく足を広げた形ではなく、足が内側に向きがちになります。足を動かしたときにクリック音がなります。

治療では、装具の固定が一般的になります。

簡単ですが、説明は以上になります。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

半月板損傷

2019.06.18

みなさん、こんにちは、こんばんは鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。
この頃、天気も悪い日も多くなんかジメジメしているけど、まだ梅雨入りはしないしっていうしんどい一日がおおいですね。この時期は頭痛に首の寝違えが多い時期になりますので体になにかしら不具合がある時は無理はせず整骨院行くのもいいものですよ。

さて、今回は半月板損傷のお話をしたいと思います。

半月板とは、膝の関節の間にあるクッションの事を言います。名前で分かるように月の半月の形に似ているので半月のいたという意味で半月板といいます。半月板は内側と外側の二種類あり内側は半月型、外側は満月型をしています。どちらが損傷しやすいというと内側の方が損傷をしやすいです。原因はいろいろありますが、前回話をした内側側副靭帯と内側半月板はひっついているため一緒に損傷をしやすいということです。
半月板はクッション以外のも軟骨の保護、膝の安定させる役割があり、半月板を損傷すると膝関節の変形の原因になる場合もあります。

損傷原因は、先ほどもいいましたが半月板は単独で損傷をする場合と靭帯損傷と合併して損傷する場合があります。運動中に膝を捻るなど大きな負荷がかかった時や膝を深く曲げた時に半月板がすねの内にある脛骨と大腿骨に挟まれ損傷します。また外傷だけではなく繰り返す微細なストレスや加齢による変形が原因となることもあります。
半月板は半月の形と言いましたが、実は日本人や韓国人などアジア人は先天的に半月型ではなく中央のくぼみがなく、脛骨関節面の大半の覆いかぶさる円板状半月が多いとされています。円板状半月では、一般的な半月板に比べ線維の配列がまばらの為に、大きなきっかけがなくても損傷を受けやすいとされています。

症状は、膝を深く曲げた時の痛み、キャッチングと呼ばれる引っ掛かり感があることが特徴的です。また損傷初期では膝に関節液が溜まり腫れがみられます。前十字靭帯と合併して損傷をした場合は関節内に血腫が溜まりより大きな腫れになる場合があります。半月板がめくれ上がる時もありその時には、半月板が関節に挟まりロッキングと呼ばれる症状がでて膝が伸ばせなくなる場合があります。

診断では、術者が半月板にストレスをかけて痛みや感覚を再発させる検査法を行います。MRIでは高い画像診断により、半月板がどのように損傷をされているのかまで細かく見ることが出来ます。

治療法では、保存療法と外科的治療の2つの分けることできます。外科手術は切除術と縫合によるものわかれます。
半月板は一度切除すると再生することはありません。そのため機能温存の点からは縫合による修復が望ましい面もあります。保存療法では固定を行い安静をします。ただ半月板の損傷部位では修復をしない場合もあります。
今回は異常になります。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

膝の靭帯損傷

2019.06.10

みなさんこんにちは、こんばんは鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。
雨が多くなってきましたね。まだ梅雨入りはしてないみたいですけど、鬱陶しい天気が続きますね、電車通勤の方はいつもより電車が遅れる事が増え満員電車なることが多くなり朝からイライラしやすいので会社に着いてから少し一服をして心を落ち着かせてから仕事してくださいね。

さて、今回は膝の靭帯損傷について話をします。この疾患は外傷と言い、外的にストレスがかかり、だいたい一回で損傷する事が多いです。
基本的には、スポーツなどを行う事により起きます。特にコンタクトスポーツで多く、サッカー、バスケットボール、ラグビーなど選手同士が直接接触するスポーツの事を言います。
膝の靭帯は4つあり、内側側副靭帯、外側側副靭帯、前十字靭帯、後十字靭帯とあります。スポーツにより痛めやすい靭帯が少しことなります。
内側側副靭帯は下腿(ふくらはぎ)部分が外側に行かないように止めている。別名MCL
外側側副靭帯は下腿が内側に行かないように止めている。別名LCL
前十字靭帯は下腿が前方に行かないように止めている。別名ACL
後十字靭帯は下腿が後方に行かないように止めている。別名PCL
一番多い損傷はMCL(内側側副靭帯)が多いです。
理由としては、解剖学的に内に負担がかかりやすいのと人と接触した際に外方か力がかかわることが多いとかあります。
症状は膝の痛み、可動域制限、腫れもしくは水腫(膝に水が溜まる)膝の不安定感などがあります。
膝の靭帯損傷の場合、半月板も一緒に損傷していることが多く鑑別診断が必要です。

診断には整形外科的テスト法をすることでわかる場合が多く、病院ではMRIなどを撮り診断すること一般的です。
靭帯の損傷には1度、2度、3度と分類があり、1度損傷は微細に靭帯損傷することを言い、2度損傷は部分断裂を言い、3度は完全断裂を言います。損傷の度合いで治療が異なり、また本人が今後どの程度スポーツをしていくかによりオペをするかが決まります。
保存療法では、サポーターもしくはギブスで固定をして安静をします。固定後は自分で徐々に膝を曲げ伸ばしをしていき可動域増やしていきます。ある程度動くようになると他動運動をしていきます。これをしていく事により可動域制限をなくしていき、筋肉トレーニングをしていく事で早期復帰ができるようにします。

今回は靭帯損傷の話でしたが、次回は半月板の話をしていきます。靭帯と半月板は密接な関係をしているので気になる方は楽しみにお待ちください。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

ジャンパー膝 分裂膝蓋骨

2019.06.05

こんにちは、こんばんは鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。
最近暑くなり夜も寝苦しくなってきました、この時期は熱中症が意外と多い時期になるので水分をしっかり取り気を付けましょう。
さて、今回はジャンパー膝と膝蓋骨分離症についてお話をしていきます。

ジャンパー膝とは、スポーツや運動などを過度に繰り返し行うことにより起きる疾患です。別名膝蓋腱炎とも言われます。
名前のとおりジャンプを繰り返し行うことで起きやすい疾患です。バレーボール、バスケットボールなどがなることが多いです。

原因はジャンプする際に大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)繰り返し使うことにより、膝蓋骨(膝のお皿)から下に脛骨にひっつく腱(膝蓋腱)が炎症を起こします。膝蓋腱は大腿四頭筋の端になるので大腿四頭筋を使うことで引っ張られます。特徴は成人に起きること多いです。子供などは腱より骨が弱く柔らかい為、前回話をしたラルセン病やオスグッド病になる事が多いです。

症状は膝蓋骨(お皿)のすぐ下あたりに圧痛があります。ジャンプしたとき、階段を登るとき、深くしゃがんだ時などに疼痛が出ることがあります。

検査・診断は痛みのある動作、運動の頻度、圧痛の部位などから診断を行います。使い過ぎが主な原因になるのでその人の日常などを詳しく聞く必要があります。

治療はまず安静、運動の軽減もしくは中止、炎症部位のアイシング、大腿四頭筋の筋緊張緩和を行うことが多く、抗炎症剤などを投与されることもまれにあります。
ジャンパー膝は以上です。
続いて膝蓋骨分離症の話をしていきます。

膝蓋骨分離症は別名有痛性分裂膝蓋骨と言われます。膝蓋骨が2個以上に分裂をしてしまっていることを言い、だいたい2~6歳の間で膝蓋骨(お皿)が一つになりますが、これがうまくいかず分裂したままになります。少し怖く思いますが、基本的には痛みもなく、問題の起きません。男子に多いです。

痛みが出る原因はジャンパー膝と同じく過度の運動によりおきます。特に大腿四頭筋を使う運動で痛みが出ることが多く、大腿四頭筋が膝蓋骨を引っ張り炎症が起きます。

症状は膝蓋骨の上端外角に痛みと腫れが起きることが多い、膝の曲げ伸ばしをしたときの疼痛があります。

治療は基本的には安静、膝の曲げ伸ばしを控え、大腿四頭筋の筋緊張の緩和をすることにより痛みの低下をします。
予後良好で大人になると痛みなく日常生活が可能なことが多いです。

今回は以上で次回も足の疾患のお話をした際と考えいます。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

オスグッド病 ラルセン病

2019.05.28

こんにちは、こんばんは鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。

今回はかなり多い疾患オスグッド病についてお話をしていきます。

オスグッドはフルネームはオスグッド・シュラッター病といいます。

オスグッドは中学生のスポーツをしている男のに多い疾患です。膝に負担がかかるスポーツサッカー、バスケットボール、陸上などに見られることが多いです。

原因としては、膝に慢性的な運動負担がかかることにより発症します。膝関節を曲げたり伸ばしたりする際には、太ももに位置する大腿四頭筋と呼ばれる筋肉の働きによって膝の直ぐ下の脛骨粗面が引っ張られて骨が出っ張り痛みがでます。成長期では骨の成長スピードと筋肉の成長スピードに違いがあり、骨の方が伸びるのが早く伸びるので筋肉が引き伸のばされ付着している骨に負担がかかり痛みが出やすくなります。ほかにも原因があり、股関節から膝までの角度が狭い人(X脚)や筋肉量が多い人や筋肉柔軟性がない人などがなりやすいです。

症状は膝の下脛骨粗面が隆起してきて圧痛、膝の曲げ伸ばしに痛みが強くでてひどくなると骨がはがれてしまう場合もあります。

治療としては、運動制限、大腿四頭筋の柔軟性を増加、膝のお皿の下にサポートバンドをつけることにより脛骨粗面に負担がかからないようにします。

予後は良好で大人になると痛みはなくなりますが、隆起した骨はそのままになり見た目は目立ちます。

続いてはオスグッドに似ているが違う疾患でシンディング・ラルセン・ヨハンソン病というのがあります。

ラルセンは膝蓋骨(膝のお皿)の下端に炎症や石炭化、部分的な剥離骨折などが起きる障害で10代前半の男子多く外観や症状からジャンパー膝とよく似ているがこの時期の男性では膝蓋骨が弱く、膝蓋靭帯の引っ張る力に負けてしまうことが多いです。この世代ではラルセン、分裂膝蓋骨、オスグッドが起きる確率が高いです。

症状は、膝蓋骨下端に圧痛、膝の周囲の腫脹、運動通、階段の登り降り時の疼痛、膝立ち姿勢時での圧迫痛があります。レントゲン写真では膝蓋骨下端に石灰化像が見られることで傷病名を付けられることが多い、ただし初期では画像に映ることがなくジャンパー膝とつけられることのあります。

治療では、症状が軽度であれば、安静により軽快します。スポーツ活動の継続を強く希望する場合もありますが、運動終了後のケア(アイシングや固定など)も合わせて行うことが大切です。症状が重い場合、固定により安静保持を指導します。その場合は、痛みがほぼ消失するまでの間、患部に負担の掛かる運動は中断させます。安静期間は、軽度の場合は3ヵ月程度、日常にも支障を来すほど重症では6カ月以上を要します。

予後は良好で、膝蓋骨の形成が完成されれば再発も起こりません。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

あなたの通っている整骨院は、治し方を教えてくれてますか?

2019.05.18

はい!鶴橋駅から徒歩1分の鶴橋こころ整体整骨院の菅野です!

今日は、「あなたの通ってる整骨院」は治し方を教えてくれていますか?というお話をさせていただきます。

整骨院は今や大阪では少し歩けば沢山の整骨院があり、どこへ行っていいかわからない!

何がちがうのか違いがわからない!

そんな疑問も多いのではないでしょうか⁇

多くの整骨院さんは「〇〇式骨盤矯正」や「〇〇流療法」と、技術の素晴らしさや日頃の勉強がすごく、その治療も素晴らしく上手い!

僕もいくつかの整骨院さんの施術を受けに行きましたが、もうその技術と言ったら本当にすごく気持ちいいし結果も出る!

整骨院から出る時には身体は軽い!

だ・け・ど!

「治ってない」方が多いのはなんでなん?

勉強熱心で、知識も豊富。

技術も申し分ない。

けど!治らない。

整骨院を利用している人からよく聞くのが

「行ったらその時はええんやけどな~」

「気持ちええけど次の日戻ってる」

挙げ句の果てには

「あれって治したら来てくれへんなるから、治す手前で調節するんやろ?」

とまで(笑)

そんな調節出来るんやったら簡単に治せますよね(笑)

そうなんですよ!

多くの整骨院さんは「来てくれたら治る!」んです!

「当たり前やんけ!」って突っ込まれそうですが…笑

何事もそうなんですが

やり方を知って自分で実践できたら

プロに頼まなくてもいいんですよね。

勉強する範囲と勉強の仕方を知ったら学校いらないんですよ。

治療も同じ

痛めてるところに対して、やったらあかん事を制限して、身体を労わり、回復に努めれたら整骨院いらないんです。

だから「治し方」を教えてくれないんですね!

来てくれないと困るから!

これって「治したい!」って思って通ってるあなたの事を一番に考えてくれてますか⁇

もしかしたら「治し方」を教えてくれないんじゃなくて「知らない」のかもしれません。

だとしたら大問題!!

次の治療に来るタイミングを「あなた基準」での目安を教えてくれない。

最後帰る時受付で「次のご予約どうされますか?」って聞かれませんか?

次に身体が疲れる予定がわかってるんやったら、そこまで聞いてくれて、「じゃあ次は〇日後、〇〇やった後に診せに来て」と言われれば行く理由が見つかるのではないですか?

そもそも次に疲れる予定なんてわかりますか?

あなたが治る為に

・しないといけない事

・〇〇になったら来て欲しい

を明確に伝える!

ちゃんと治る為の原理原則を守る!

だからあなたの痛みは消えます!なくなります!

あなたの痛みに向き合う事で

あなたの「治したい!」気持ちに応えます!

治らない症状を教えて頂けると

治す方法の手がかりとなる姿勢分析が無料になります。

どこへ行っても治らないあなたは

もう一度チャンスを下されば、

痛い理由を添えて、治し方をお教えできるかもしれません。

必ず元気にして返します!

沢山の人を元気に!必ず笑顔で返します!

「どんな痛みもあなたより先に諦めません!」

1 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 20

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒537-0024
大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25
診療時間
火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
月・木
アクセス
JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
鍼灸治療
腰の痛み
肩・首の痛み
全身もみほぐし
リンパマッサージ
超音波
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

鶴橋こころ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒537-0024
    大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25

  • 診療時間

    火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    月・木

  • アクセス

    JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

pagetop