鶴橋こころ整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報

ブログ&お役立ち情報

下腿コンパートメント症候群

2019.05.13

こんにちは、鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。

今回は整骨院ではあまり多くはないのですが、下腿コンパートメント症候群についてお話をしていきます。

まず、下腿とは膝から足首の間ことを言います。ふくらはぎやスネの事です。下腿コンパートメント症候群は下腿を激しく打撲、骨折など皮膚は切れていないけれど、皮膚の中で出血が起き血液が行き場所をなくし組織を圧迫して壊死(腐る)を起こしてしまう疾患です。非常に怖い疾患になります。

 

下腿の筋肉は強い筋膜に覆われいます。筋肉を覆っている場所が4つに分けられ4区画という言い方をします。1、前方 2、側方 3、浅後方 4、深後方に別れます。

各部位での疼痛、腫脹(腫れ)、圧痛、硬結(しこり)、運動痛、神経麻痺、知覚麻痺、他動運動時痛(他人に動かしてもらう)があります。

1、前方のコンパートメント障害は最も多く、疼痛、腫脹、圧痛がスネの部分にあり、神経が圧迫されるため第1趾、2趾間に知覚障害がでて、足首の背屈の運動障害が現れ、他動運動では足首を動かしたとき、指を動かしたときに痛みが現れます。

2、側方コンパートメント障害ではスネの外側に圧痛があり、知覚障害も現れ、足首の外返し動作の筋力低下があり、他動で足首の内返しをすると疼痛が出ます。

3、浅後方コンパートメント障害では圧痛はふくらはぎにあり、腓腹神経領域の知覚障害、足首の底屈動作の筋力低下があり、他動では背屈時痛があります。

4、深後方コンパートメント障害では圧痛はふくらはぎ内側にあり、脛骨神経領域の知覚障害がみられ、後脛骨筋、伸筋の筋力低下がみられ、他動では指を背屈させると痛みがあります。

 

好発がしやすいスポーツが急性はスキー、ラグビー、バスケットボールでまた、慢性では陸上長距離、サッカーに多くみられます。慢性の場合は繰り返し筋肉を使うことにより、炎症が起きコンパートメント障害を起こすことがあります。

治療法

急激な疼痛や腫脹、変形がある場合は病院に急ぎ搬送しましょう。応急手当では、RICE処置行うが、固定をすると組織がより圧迫され症状の進行が早まる恐れがあるため控える。あまりにもひどい場合は皮膚、筋膜の切開を行い内圧の低下をさせる。

慢性では筋肉のストレッチやマッサージを行い、十分に筋肉の緊張を低下させる、筋肉トレーニングはさけて競技の中止、運動制限を行うようにして経過をみる。

コンパートメント障害は一度対象が遅れると、一生運動機能障害が起きてしまう疾患なので処置を間違えないようにしましょう。

足関節捻挫は→こちら

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

足の痛み、シンスプリント

2019.05.08

こんにちは、鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。

前回までは、足首より先の疾患の話をしていましたが、今回から足首より上の疾患の話をしていきます。

では、今回はシンスプリントの話をさせて頂きます。

シンスプリントは、結構有名な疾患になるので聞いた事がある人が多いと思います。シンスプリントとは、足のスネの内側下方三分の一のところに痛みが出る疾患です。原因としては、主に後脛骨筋、長趾屈筋、ヒラメ筋が骨膜(骨を覆うサランラップみたいなもの)が引っ張られて炎症を起こす、もしくは健と骨膜がこすれることにより炎症を起こし痛みが出ます。なぜ炎症が起きるかというと、足の筋肉の使い過ぎ(オーバーユース)により起きることが多く、走る、飛ぶなどをするスポーツ活動に多く見られます。またスポーツの初心者にも多いです。

他にも要因が多く練習量の増大、スポーツをする環境の変化(アスファルトや硬い地面でのランニング)、靴のクッションの低下、新しい靴に変えた、偏平足、もしくは回内偏平足、筋緊張の増大、筋肉バランスの崩れなど、色々と言われています。

この疾患は痛みが出ると痛みが取れるまでに時間がかかり痛みがある中でスポーツをやり続けると疲労骨折につながることもあります。

痛みの出方にも特徴があり、一日の中でスポーツの始めは痛みがあり、途中は痛みが低下し、スポーツが終わると痛みが強くでます。動き始めは筋肉が硬いので痛みが出て途中に筋肉が温まってくると痛みが低下し、スポーツ後は炎症がひどくなり痛みがでるという流れです。

治療法は痛みが軽度の場合は練習量の制限をして筋緊張の改善、靴の見直しなどをして経過観察をします。痛みが強い場合は練習の中止を行い、筋緊張の改善、靴の見直しなどします。鍼治療が有効で深い筋肉をほぐすことが出来ます。安静にすると症状の改善はありますが、また同じようにスポーツをすると再発することが多いのでスポーツの復帰の仕方を気を付け、指導者とのコミュニケーションが必要です。

整骨院での診断、診察、治療がかなり有効な疾患になるので痛みを感じたり、違和感があるときは早めに受診をして治療をおすすめします。特にこの疾患は身体能力が高い子供ややる気が高い子供がなることが経験上多いので痛みがあるが休むのがイヤで我慢をしてやり続けてしまうことが多いです。指導者や周りがよく見てあげて少しでも早く治療をして早く復帰してもらうのがその子のためにもつながると思います。
本日はこれで終了になります。

足関節捻挫は→こちら
Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

足関節捻挫

2019.04.29

こんにちは、こころ整体整骨院の坂口です。

今回は足関節捻挫についてお話します。整骨院でも来院される方が多い疾患です。整骨院の先生も軽視しやすい疾患になります。

足関節捻挫とは、足首の関節を支えている靭帯や関節包が損傷することをいいます。関節包は関節を覆うサランラップのように薄い膜をいいます。スポーツ中、日常生活での歩行時に起きやすいです。

足関節捻挫はほとんど内側に捻り受傷することが多いです、理由としては足首の骨の外と内、高さが違うの原因の一つです、内の骨の方が高くあります。くるぶしの外側を痛めることが多く外側にはつま先から順番に前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯とあります。内側の靭帯に比べ非常に弱く損傷しやすいです。

なぜ損傷するかわみなさんがわかるように、足首を内側にひねった際に外側の靭帯に過度の緊張が伝わり外側の靭帯に負担がかかりおきます。足首を内側にひねる捻挫を足関節内反捻挫といいます。反対に外側にひねる捻挫を足関節外反捻挫といいます。

足関節内反捻挫では、サッカー、バスケットボールなどコンタクトスポーツ活動中に起きることが多く、相手と接触して足を踏んだときやジャンプして直地したときに起きることが多いです。

また日常生活で起きやすく、底が高い靴を履いていたりすると重症になりやすいです。

よく靭帯が伸びたや癖になるとみなさん言われることが多いですが、靭帯は伸び縮みはしない性質を持っています、伸びると言う表現は靭帯が少し切れることにより端から端の距離がのびたという表現からきているかもしれません。さてここで靭帯いうてるけど、靭帯って結局なんなの?ってなっている方もいるかもしれないので靭帯の説明をすると、骨と骨がバラバラにならないようにつないでいるものと思っていただいて大丈夫がと思います。バラバラにならないようにするので伸び縮みするといけないということです。癖になるは一度切れてしまうと靭帯としては元に戻らないため靭帯が弱くなり何度も起きやすくなります。

足関節捻挫で見過ごしがちなのが、くるぶしの剥離骨折です。ひねった際に靭帯がついている骨がはがれてしまい骨折する疾患です。

足の捻り方により足の甲の靭帯を損傷したり、内側を損傷します。

 

治療法としては、RICE処置(ライス)が一般的です。

安静、冷却、圧迫、挙上をするとよいです。なぜこれをするかというと患部の血流を悪くするためです。なぜ悪くするかというと損傷した部位の血流がよくなりすぎて治りが遅くなるからです。

本日はこれで終了になります。

シンスプリントは→こちら
Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

外反母趾

2019.04.22

こんにちは。こころ整体整骨院の坂口です。

本日は外反母趾についてお話をしていきます。

外反母趾とは、足の母趾が外側に変形をすることをいいます。母趾が外側に変形することにより第一関節部が靴などが当たり痛みが出る疾患です。女性に多くみられだいたい90パーセントは女性です。特にハイヒールのようなかかとが高くつま先が細くなっている靴を長時間履くことがなりやすい要因ともいわれています。逆につま先の幅広い靴を履いてる場合は靴の中で足が滑りつま先が靴の先にあたり指にストレスがかかり発症する場合もある。症状の進行によって痛みがあり歩行や立つたびに痛みがあるようになる場合がある。

外反母趾になると歩行時に母趾がうまく使えないようになるため示趾や中趾の付け根に慢性的なタコが出来ることがある。子供にもまれだがなる場合もある。

外反母趾はレントゲン撮影によって母趾の曲がった角度により診断と重症度がわかる。

0から20度 正常

20から30度 軽度

30から40度 中度

40度以上 重度

ただ角度と痛みの度合いが必ずしも一致するわけではない。

原因としては、女性、遺伝、ハイヒールが三大原因であると言われています。裸足で生活する民族の調査でも男性に比べて女性が多くみられます。これは女性の方が第一中足骨が内転しやすく、母趾が外転しやすい傾向にあることが原因である。裸足生活者には外反母趾は少なく、古代人の足型化石に外反母趾は見られず、日本の江戸時代以前の書物には外反母趾の記載はされていない。靴が外反母趾の要因が大きいと言われています。靴のサイズが合っていない、ハイヒールを長時間履くなどで足の筋肉、特に足の指を使わないことにより筋肉が萎縮することにより中足骨が内転、回内しやすくなる、中足骨が内転することにより基節骨と関節する部分が内側に移動するため全体的な形では指先が外側になっているように見える。

治療法としては、保存療法と手術療法がある。保存療法には靴の指導、運動療法、テーピング固定、足底板(偏平足の場合)などをして治療を行う、運動療法ではタオルギャザーが有名である。保存療法では軽度から中等度の外反母趾に有効とされている。

手術療法では、現在使われいる手術法は第一中足骨の骨切り術である。第一中足骨をどこかで切り取り内反を矯正すると母趾の外反も矯正される。骨切りをする部位によって遠位、近位、骨幹部の骨切り術に分類される。

以上外反母趾のお話は終わりです。

今回でだいたいの足の疾患は終わったので次は、下肢の疾患の話していきたいと思います。

足関節捻挫は→こちら

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

第二ケーラー病 シーバー病 痛風

2019.04.15

こんにちはこころ整体整骨院の坂口です。

今回はこの前に話をした第一ケーラー病とよく似ている、第二ケーラー病の話をします。

ケーラー病とはどちらも骨端症のことを言います。骨端症とは成長期に見られる骨の障害です。骨は端から伸びていくのですが、その伸びるところに障害が起きる総称を骨端症と言います。

第二ケーラー病は10歳前後の女子に起きることが多く、つま先立ちや歩行をしたときに足のつま先周囲に痛みを感じます。骨が変形をして成長してしまうことがあり、予後が悪い場合があるので、早急に医療機関での診察、診断が必要です。

第二ケーラー病はあまり書くことがないので、次に骨端症つながりのシーバー病の説明をしたいと思います。

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)といい、別名セーバー病、シーバー病とも言われます。10歳前後の男子に多く、かかとが腫れ、押すと痛みがあります。スポーツなど激しい動きをした後に痛みが出ることが多く、かかとをつけると痛いため、つま先立ちをして歩くこともあります。

原因は成長期ではかかとに隙間があいており、かかとにアキレス腱が付着するため過度なスポーツをするとかかとがアキレス腱に何度も引っ張られて炎症が起きます。この炎症のことを骨軟骨炎といいます。ひどい時にはかかとの血行障害が起き壊死をしてしまうこともあります。

治療方法として、安静にしてスポーツの制限もしくは中止、ギブスやテーピングをしてかかとの保護を行い、松葉杖などを使いかかとにストレスがかからないようにします。予後は数年かかる場合もありますが、あとはよくなる場合が多いです。

続いては痛風について話していきます。

痛風とは、尿酸が関節や腎臓の中で結晶化してしまい関節に激しい痛みや腎機能の障害が起きる疾患です。

原因としては、高尿酸血症に起因する病気です。尿酸はプリン体が分解されることでできる物質です。プリン体を多く含む食べ物を取りすぎたり、代謝経路に異常をきたすと体に尿酸が蓄積され高尿酸血症になります。
痛風の初期症状としては患部(足の母指)が多いですが、違和感やムズムズする感じがでることが多いです。24時間で痛みのピークになり2~3日続き、1~2週間で症状は治まります。さらに、高尿酸血症を放置すると手足の関節や耳たぶの皮膚の下にも尿酸塩の結晶が沈着してこぶのようになる事があります。
ひどくなると関節が変形をしたりします。
治療では高尿酸血症の改善が重要です。痛風発作の痛みの緩和に対しては鎮痛薬を使うことが多いですが、鍼治療でも痛みの緩和ができるので一度整骨院に通うのもいいかもしれません。
本日はこれで以上です。
次回また足の疾患をお話できればと考えています。

モートン病は→こちら
Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

足のしびれ、モートン病

2019.04.08

こんにちは。こころ整体整骨院の坂口です。

今回は足のしびれでまれに出会うことがある、モートン病についてお話します。

前回までは子供の時に起きる疾患が多かったですが、今回は中年女性に多い疾患です。

症状としては個人差があり、しびれのみの人もいますし、痛みがある方もいます。しびれが出る部位としては足の第3趾-第4趾(中指と薬指)の間に出ることが多いです。しびれ以外にも同じ部位に感覚異常やしびれやその周囲に疼痛、灼熱痛(焼けるように痛い)が出ます。ひどい時には痛みが強く歩行が困難になることがあります。まれにですが、第3趾-第4趾のみではなく、第2趾-第3趾の間や第4趾-第5趾でも症状がでることがあります。

 

なぜ、このような症状が出るかというとハイヒールやつま先立ちなど、つま先に頻繁に負担がかかる事が多いとなる可能性が高くなります。足趾の間には二つの神経が合流して神経節というのがあり、豆みたいに少しふくらみがあります。そのすぐ上を深横中趾靭帯という靭帯が通ります。その靭帯と地面とで挟まれ症状がでます。

治療法としてはハイヒールを控え、足底板を入れ、クッション性を高めるなどして治療を行います。場合には手術も行います。

モートン病は以上ですが、少し短いのでもう一つ疾患をしたいと思います。

フライバーグ病について簡単にお話をしていきます。

フライバーグ病 別名第一ケーラー病とも言います。

フライバーグ病は土踏まずを構成する骨の一つ舟状骨が障害される病気になります。3から5歳の男性に多い病気です。

症状としては土踏まずに痛みがあり、ひどくなると歩行困難となります。

原因としては明らかになっていないのですが、外脛骨でも話をした軟骨が骨になっていくのですが、舟状骨は他の骨に比べ軟骨から骨になるスピードが遅いです。そして土踏まずにあるため衝撃が繰り返し加わり、弱い軟骨に障害を起こしやすく、また舟状骨は血管の関係で他の骨より血流の供給が十分ではないため、舟状骨がうまく成長できず、腐ってつぶれてしまうと言われています。両足にでることは少なく片足のみに出ることが多いです。

レントゲン撮影により、診断されることが多いです。

治療法は、体重をかけると増悪していくため、足の負担を軽減させるために中敷きを入れたり、ギブスをして安静をはかります。症状が強くない場合はこのような処置で症状の改善が見られます。痛みがなくなるまでには1年以上時間がかかる場合もあります。

第二ケーラー病、シーバー病、痛風は→こちら

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

小さいけどすぐれものな「トリオ」

2019.04.05

手のひらサイズですが、様々な電気治療の流し方ができます。

 

「TENSモード」

鎮痛のメカニズムに基づき、急性の痛みを緩和したり

慢性化した鈍痛のような痛みもやわらげる。

 

「EMSモード」

筋力アップや神経伝達障害の起きているところの回復、ダイエットなど

に使えるもの。

 

「MCRモード」

筋肉に障害が起きた場合、身体の中から、障害の起きた筋肉を治そうとす

る生体電流が流れます。それを人工的に作った微弱電流で筋肉の過緊張を

正常に戻したり、痛んでいる箇所の治癒促進に使います。

足関節捻挫は→こちら

 

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

鶴橋こころ整体整骨院へのお問い合わせや迷わずにご来院いただくのに便利です。

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 20

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒537-0024
大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25
診療時間
火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
月・木
アクセス
JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
鍼灸治療
腰の痛み
肩・首の痛み
全身もみほぐし
リンパマッサージ
超音波
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

鶴橋こころ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒537-0024
    大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25

  • 診療時間

    火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    月・木

  • アクセス

    JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

pagetop