鶴橋こころ整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 爪白癬

爪白癬

2020.05.26

爪白癬

爪白癬とは、皮膚に真菌の一種である白癬菌が感染する所謂水虫が進行して

白癬菌が爪にまで感染した状態のことです。

初期はは爪の色が白くなるだけですが

徐々に侵食して黄色や黒色、白色に変色し爪が崩れるようになります。

糖尿病の人は合併症の危険もあり

家族に伝染する可能性も高いので早急な治療が必要。

治療は外用薬と内服薬を兼用することで行います。

爪白癬の症状

初期の段階であれば見た目に変化は生じ

自覚的にも何も感じないケースが多い。

ある程度進行してくれば、見た目上の変化が爪に生じてきます。

色が白っぽく変色してきたり

つめの表面がはがれてきたりすることが確認できるようになります。

爪白癬の原因

爪白癬の原因とは、細菌の繁殖によるものがそのすべてであるとされています。

白癬菌という水虫の菌が爪の中に入り込むことによって発症します。

細菌が体内に入るというのは水虫の菌に感染している人々との直接な接触や

または間接的な接触が大きな影響を与えるということが判明しています。

また、爪の中での繁殖は、不潔であることによってより進行するとされています。

鑑別診断

主に足指の第一指に好発

爪甲の光沢が少なくなる

爪の白濁した部分を採取し顕微鏡で菌を調べる。

遠位部に出ている場合は爪白癬、近位部の場合は爪カンジダと判別する。

カンシダ性爪(囲)炎という症状は、中年の女性に起こりやすい病気です。

主に水仕事を行う機会が多い女性に多く見られる事が特徴です。

感染症の一種であって、生活習慣の不徹底によって

手の爪の辺りが特有の炎症によって赤く腫れ上がって

かゆみが発生したり、痛みが発生する症状が出ます。

症状が悪化をすると手の爪の部分が膿を持つ事もあります。

カンシダ性爪囲炎の症状

カンシダ性爪囲炎の症状は、手の指特に中指や薬指に多く見られ

爪の生え際や周囲が赤く腫れたり、化膿したりします。

爪の表面に感染していると、爪が褐色や灰色に変色

表面の凹凸、横筋ができるといった症状が現れますが

爪の内部にまで感染すると、爪の先が皮膚から離れるように浮き上がり

爪が変形したり厚くなったり、先端がボロボロに欠けたりします。

カンシダ性爪(囲)炎の原因

カンシダ性爪(囲)炎は、手の指の爪の周辺に

真菌の一種であるカンジダが増殖することで引き起こされる病気です。

真菌であるカンジダはかびの一種で

カンジダはヒトの口腔、気管支、肺、膣、腸管、皮膚などに

生息する常在菌でもあります。

普段は害を及ぼさないカンジダが

過労や免疫力が低下している時に爪やその周囲に増殖することが原因となります。

【カンシダ性爪(囲)炎の検査と診断】

カンシダ性爪(囲)炎の主な検査方法は視診です。

この疾患は手指の爪の部分に多くあらわれ

爪が白くなり、周囲の皮膚に赤い腫れの症状が確認できます。

又、視診では悪化した状態でうみを伴う症状も観察して

場合によっては、より詳細な情報を入手するために

顕微鏡での検査も行われカンシダ性爪(囲)炎を検査する事になる。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒537-0024
大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25
診療時間
火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
月・木
アクセス
JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
鍼灸治療
腰の痛み
肩・首の痛み
全身もみほぐし
リンパマッサージ
超音波
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

鶴橋こころ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒537-0024
    大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25

  • 診療時間

    火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    月・木

  • アクセス

    JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

pagetop