鶴橋こころ整体整骨院トップページ > ブログ&お役立ち情報 > 腰の痛み

腰の痛み

2020.10.26

こんにちは、こんばんは鶴橋こころ整体整骨院の坂口です。10月になりかなり寒くなってきており、体調を崩す人が多くなってきています。あまり無理をせずしっかり休んで体調管理をしていきましょう。

さて今回は腰の痛みについてお話をしますが、腰の痛みすなわち腰痛ですが、悩んでいる方も多いと思います。腰痛にも種類がいろいろあり、単純に腰の周りの筋肉硬くなり痛みが出る場合、関節に炎症が起こり痛みが出る場合、椎間板が出て痛みある場合、腰の骨が変形することにより痛みが出る場合等々、色々な原因が考えられます。病院で多く言われるのがヘルニア、狭窄症が多く言われると思います。
ヘルニアでは椎間板が関節から飛び出ることにより痛みが出る、狭窄症では骨が変形することで痛みが起きます。
でも痛みが強い日と弱い日があったり、もしくは痛みがない日もあったりしませんか?
椎間板が飛び出ているのが引っ込んだり、骨の変形が治ったりしていないのになんで日によって痛みが変わるのでしょう。

それは筋肉と神経が深い関係を持っています。
ヘルニアでは若年層に多く年が若いほど腰の痛み、足のしびれが強い事が多いです。それは、まず若いから神経が敏感である事と痛みが出る事により回りの筋肉が異常な緊張をすることにより、血流が悪くなり疼痛物資が溜まり痛みの誘発をするからです。

狭窄症は高齢者に多く腰の痛み、両足のしびれが見られること多いです。
実はヘルニア、狭窄症も主な症状は足のしびれが強い事で、腰の痛みはあまりないという人も多くいます。
共に神経をなにかで圧迫される事によりしびれが出るわけです。

じゃあなぜ腰の痛みがある人とない人がいるのか、それは日常生活の腰の筋肉で負担のかけ方が多きと言えるでしょう。なぜなら、日常腰に負担をかけているからヘルニア、狭窄症になるのですから、腰周囲の筋肉に負担がかかっていないわけがないのです。

整骨院では基本的に筋肉に対して治療をします。骨折や脱臼もありますがあまり多いとはいえないので、主に筋肉と言っても過言ではないです。
なぜ筋肉の治療をするのか?それは身体を動かすのが筋肉ですし、身体を保持、維持するのも筋肉がするからです。ただ座っている、立っているも筋肉を使いしている動作です。
その筋肉が異常な緊張をしたり、うまく動かせなくなることにより痛みを感じてしまいます。
ヘルニア、狭窄症でも腰周囲の筋肉を柔らかくすることで痛みが低下もしくは消失します。
ここで勘違いしてはいけないのが、痛みが消失してもヘルニア、狭窄症が根本的に治るわけではありません。飛び出ているものは引っ込んだりしないし、変形のもとには戻ったわけではありません。

完治ではないのです。ですので病院と整骨院とが手をとり患者さんが今楽な方法、今後楽な方法を話し合い治療をしていく事が必要でと考えます。

Google検索では

下記をクリック

現在地 東成区 整骨院</a

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

まずはお気軽にお電話でご相談ください

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

住所
〒537-0024
大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25
診療時間
火・水・金・日
9:00〜12:00,14:00〜19:00
土 9:00〜14:00
(祝日は通常営業)
定休日
月・木
アクセス
JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

0669812951

営業時間外もインターネットからご予約いただけます

メニュー・料金
脊柱骨盤矯正
鍼灸治療
腰の痛み
肩・首の痛み
全身もみほぐし
リンパマッサージ
超音波
サイトメニュー
スタッフ紹介
ブログ&お役立ち情報
WEB限定メニュー
会社概要・アクセス・院内紹介
プライバシーポリシー

鶴橋こころ整体整骨院

メールでご予約お問い合わせ

  • 所在地

    〒537-0024
    大阪府大阪市東成区東小橋3-14-25

  • 診療時間

    火・水・金・日 9:00〜12:00,14:00〜19:00
    土 9:00〜14:00
    (祝日は通常営業)

  • 定休日

    月・木

  • アクセス

    JR鶴橋駅中央出口でて前の道の信号わたり右斜めすぐ

pagetop